• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

試してみよう!これで電源が入るかも!

単に充電が少ないときは、数時間充電してみましょう。 そのとき定格の電流を流して充電したいので、正規の充電ケーブルを使うようにしましょう。 電池や充電器が故障している場合は買換えを。 以上で解決しない場合は本体故障の可能性が! そのときはショップに持ち込みましょう。 Read More

充電はありますか?電池、充電器、本体等は故障していませんか?

スマホは小さいですが、精密機器の集まりです。
「落とす」、「水没」など原因がはっきりしている場合は諦めもつきますが、普通に使っていたのに突然電源が入らなくなってしまうこともあります。

その原因は何なのでしょうか?
調べてみたところ、大きく分けて3つの原因があるようです。

1つ目は充電不足や充電器等の故障です。
スマホが使える十分な電池がバッテリーに残っていないと、スマホを動かす力がないため、電源が入りません。
そんな単純なこと?!と思うかもしれませんがまずは充電が足りているか確認してみましょう。
それだけで電源が入り、またスマホが使えたら嬉しいですよね。
何度か、ケーブルと本体、ACを抜き差しすることで解決することもあります。

では、どのくらいの時間、充電したら良いのでしょうか。
だいたい30分を目安にして充電し、電源が入らないときは充電ケーブルの断線、電池や充電器、本体の故障が考えられます。

2つ目は、本体の容量不足です。
スマホの記憶領域の容量は機種によっていろいろですが、どれもパソコンほど大容量ではありません。
そのため、撮影した写真、動画、音楽データ、アプリを多くダウンロードしたりすると容量不足となり、電源が入らない状態になることがあります。
不要なアプリの削除、外部メモリーへのデータ移動をするなどすると容量不足の解消ができます。

3つ目は、気温の影響です。
スマホを取り扱うのに適切な気温は0℃から35℃とされています。
この気温以外の場所で使った場合はバッテリー消耗が早くなることがあり、結果、電源が入らなくなることがあります。
海や山など長時間直射日光が当たる場所や車内への置き忘れも45℃を超えることがあるので要注意です。

以上、3つの方法をご紹介しましたが普段から気を付けられることもありました。慌てず簡単にできることから試していきましょう。

容量が不足していませんか

スマホは本体内に保存できるデータのスペースが少なくなると、通常通り使えなくなるということがあります。 それが原因で電源が入らなくなるということはよくあるようです。 日々、自分が扱う情報量に対し、空き容量は十分な機種か、確認してみることが大切です。 Read More

スマホを扱う環境にも気を配りましょう!

スマホはいわば「小さなパソコン」。 気温の影響を受けやすいという特徴もあるため、注意が必要です。 利用する環境が「寒すぎる」と電源が頻繁に落ちやすくなり、「暑すぎる」とバッテリーの減りが速くなることがあるので適切な環境で使うことを心がけましょう。 Read More