試してみよう!これで電源が入るかも!

充電不足でなかったら?

「電池が故障」していて電源が入らないという可能性があります。
電池を交換することで良くなることが多いですが、ショップに確認してもらうのが安心です。
最近増えている内蔵電池型のスマホは電池が取り外せないものが多いので、修理が必要になることもあるようです。

「充電器の故障」ということもあります。
スマホ本体の充電器の差し込み口ではなく、充電器自体が故障しているときは、買い替えるだけで電源が入るようになるかもしれません。
なるべく早く買い替えたいというときは、ネットで探すのが便利ですが、レビューなどをよく見て状態の良いものを見極めましょう。

それでも改善しないときは、「本体の故障」によるものでしょう。
電源ボタンの物理的な故障、スマホ内部の本体故障、画面割れなどが主なものです。
これらの場合は自分で対処できることではないのでショップに持ち込みましょう。

「電源の長押し」などの方法も!

シンプルな方法ですが、「電源を長押し」するだけで、電源が入ることがあります。
電源ボタンを数秒押すだけではなく、10秒以上長押しすることでリセットがかかるようです。
ポケットやカバンの中などで、間違って押してしまったりするのを防ぐため、長めに設定されていることが多いようです。

強制終了したとき、データなど保存されていない内容は消えてしまうことがあります。
データなど必要なものはその都度しっかり保存する習慣をつけましょう。

また、「電池パックを外す」のも効果的です。
電源が入らないなど、操作ができないときは根本的な電源供給をカットして強制終了するのも良いです。
電池パックを取り外せる機種のときは、取り外してみましょう。
電池パックの接点部分に汚れが無いかも確認し、汚れがあれば、綿棒や乾いた布で拭き取ってください。
取り付けるときは、すぐに付け直さずに1分は待ってから取り付けると安全なようです。