注文住宅で失敗しないために!どこに気を付ければ良いのか

>

話をわかってくれるスタッフ

理想通りにするために

どんな注文住宅にしたいのか、業者のスタッフに伝えると思います。
こちらの意図が伝わらないと、理想の住宅になりません。
完成してからイメージと違うと言っても簡単にやり直せませんし、その場合は料金が発生します。
時間も費用も無駄にするので確実に理想通りの住宅を建てられるよう、工事に進む前に、スタッフとよく話し合いましょう。

話し合いの段階でこちらの意図が通じないと思ったら、別のスタッフに交代してもらったり、業者そのものを変更したりするのがおすすめです。
無理に話の通じないスタッフと、何時間も話し合う必要はありません。
こちらの目を見てしっかり話を聞いてくれるスタッフは信頼性が高く、意見をわかってくれるはずです。

困った時は相談しよう

全てを自分1人で決めて話を進めてしまうとイメージと異なる住宅になり、失敗してしまった人が見られます。
それを防ぐために、積極的に業者のスタッフからアドバイスを聞いてください。
具体的なイメージが決まっていなくても、理想を伝えるだけで、それを叶えるための間取りや設備を紹介してくれます。
また家族構成に合わせた広さや部屋の数なども教えてくれるので、どんどんアドバイスを求めてください。

スタッフと一緒に、注文住宅のデザインを決める意識を持ちましょう。
自分で考えたデザインは住宅の構造的に不可能だと判断される可能性があります。
スタッフはダメと言うだけでなく代わりのアイデアを出してくれるので、希望を十分に満たせると思います。


この記事をシェアする

TOPへ戻る