容量が不足していませんか

保有情報量とスマホの容量の見直し

最近は、保存容量が大きいスマホがほとんどになってきています。

しかし、毎日何気なくスマホを使っているだけでも、気づかないうちに容量がなくなってしまうことがあるので注意が必要です。
十分な保存領域がないと、いざというときに、大切なデータやアプリが保存できなくなってしまうこともあります。

格安スマホは保存容量が小さいこともあるので確認し、知っておくことが必要です。
また、コンテンツが肥大化し、アプリや写真データなどが本体の容量を圧迫していることもあります。
対策としては、データの削除や整理を定期的にしていくことです。

USBなどへのデータ移行が有効ですが、たくさんのデータを保存する必要がある場合は一度機種変更を考えてみても良いかもしれません。

ストレージ容量を確認する方法

使っているスマホのストレージ容量をみてみましょう。
これを時々確認して、自分のスマホの状態を把握しておきましょう。

「空き容量」が多いうちは大丈夫ですが少なくなったら不要なデータの削除を考えましょう。

「アプリ」インストールしたまま使っていないアプリも確認できます。不要なアプリはアンインストールする癖をつけましょう。

「画像、動画」は写真や動画のデータです。写真や動画をよく撮っているとすぐにデータ容量が増えていきます。過去のデータはパソコンに取り込んでおいて、時をみて削除するなど工夫しましょう。

「ダウンロード」はダウンロードしたデータです。「Download」というフォルダのデータを削除することで容量を減らせます。

「音声」は音楽データです。これもすぐに容量が多くなってしまうので好きなものを厳選して残す、別の媒体に移すなどの方法が有効です。